カテゴリ:match review( 34 )

欠点より美点を探そう VS 横浜Fマリノス ●1-2


定時ダッシュをして、味スタへ。
到着したのは、キックオフ15分前。
こないだの三ツ沢の方が、会社からは若干近いのか…。

イイカタチが見えるシーンと、声にならない悲鳴が出そうなパスミスと。
行ったり来たりのハラハラの連続。4月はやっぱり、苦しい時期なんでしょうか…

ワタシの背後に座っておられたヤジおじさまは、試合開始5分の段階で「今日もダメだ」とおしゃっておられました。特にノリオのことが嫌いなのか、終いには「ノリオは何をやらせてもダメ」とか、90分間休むことなく言いたい放題。そういうマイナス発言は、ご自宅のリビングでテレビの前でどうぞ。
せっかくスタジアムにきたのなら、いいとこ探してみませんか、と。
たとえ90分のうち1分しかなかったとしても。綺麗事か?

とりあえず、生コザが観れて嬉しかったです♪
あのガッツと、いい意味でのふてぶてしさ。ハートの強さを感じました。
私は気づきませんでしたが、コザは悔し涙を流していたようですね。
その涙は、彼の将来にきっと大きな糧となるでしょう。
赤嶺くんにも、これからもっと観てみたい、そんなワクワク感がありました。
伊野波くんの右SBも、スピード感があったし。足、速いのねえ、と感心。

カジヤーマは、ヘディングゴール初めてなんですってね。で、今シーズン初ゴール。
今後のゴール量産、よろしくね。

2006フレッシャーズの躍動に期待をこめて、週末を待ちます。
ヤジ親父を黙らせるような試合、待ってますよー!

それから、走りについていけなくてピッチに転がるようなレフェリーには、
引退をおすすめしたいと思います。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-04-27 09:26 | match review

赤嶺わっしょい! VS ジェフ千葉 ●2-3

まずは赤嶺くん、初ゴールおめでとう&ありがとー。
チームは負けたけどPKでの1点だけと君の2点めのあるなしでは、
帰り道の足取りの重さが大きく違ったよ。
次はぜひ、君が決めてチームも勝つ!試合にしたいね。

コンちゃんのガッツはやっぱり観てる人を動かす何かがある。
まっすぅもたまにガンガン行ってたし。(最近まっすぅばっかり誉めてるけど、べつにマスギャルではありません。)そしてモニもジャーンもドンドン来てた。必死さが伝わってきました。トクのミドルシュートも「おおお!」とどよめいたし。

しかし、ジェフは上手かった。
パスのつなぎ方、もらい方、走り方。オシムに鍛えられてるだけあって。(素直に)
後半の赤嶺君に対するファウルや、時間の稼ぎ方もある意味上手い。(これは嫌味)
ていうか、巻にカモられた。あの身体ごとつっこんでくる感じ。勘弁してくれ。
なんか巻にばっか点取られてるような気がするのは気のせいでしょうか。

あんまりレフェリーどうこう言うのは好きじゃないけど、やっぱりあの人はあの人だった。
もうファウルとかFKとか期待しないほうがいいのかも。

味スタで「カレードッグ」なるものを食べましたが…残念。
ギョウザドッグのカレー版なんだけど、皮ががちがち。
昨日はげんかつぎのために我慢して食べたけど多分もう二度と買わないなぁ
グルメスタジアムへの道程は厳しいです。

さあ、気を取り直して来週はガンバ戦!
「上位いじめ」そろそろ始めませんかー!!!???
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-04-16 21:48 | match review

迷わず行こう! VS 横浜Fマリノス ● 0-2

終業30分前からいそいそと机を片付け始め、「もう仕事頼まないでオーラ」を放ちまくった結果が実り(?)、定時のチャイムとともにダッシュ。
横浜駅で崎○軒のシュウマイを買い込み、一路三ツ沢へ!

近いとは聞いていたけど、そうか、こんなにノリオが良く見えるのかあ、と感動。
なぜノリオ基準がかは不明ですが。

まっすぅが試合を重ねるごとに進化してる。
「うわ!」と思うシーンで、最後にガツッと止めてピンチを救う姿がたびたびありました。
爆心地からも「マスシマ!!」コールが湧いてたし。自信がついてきたのでしょうか。
あとはガンガン行っちゃえ!って時に「行く」勇気がついてきたらまた進化ですよ!

ノブオさんは「スーパーサブとは何たるか」を心得てるなあ。昨年以上に“若い”東京にとってこれは心強いことだと思われ、しみじみ。

ササ・梶山の2人がチーム状態のなかでは良くやってたと思いました。
ササもパス受けるのとか前より上手くなってきたような??

連戦の疲れが徐々に出てきたのか、後半のチャンスに走りこめないシーンもちらほら。
あともう一歩づつ、みんなで走ろうよ~!
小平の温泉か深大寺温泉にでも浸かって疲れを癒して土曜に臨んで欲しいです。

リーグ戦のマリノス戦後、チームには「話し合う空気」が出来てきたみたいだから、
週末はまた修正してくれることを期待します。というか、やってくれると思ってます。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-04-13 11:32 | match review

Wルーカス&クリ!! VSジュビロ磐田 ◎3-1

a0047106_18274523.jpg
快勝とかって、こういう試合のためにあるんだなぁ。
「やりたいサッカー」で点をとって勝つ!!みたいな。
勝利ってスバラシイ。
残業続きの仕事も、これで頑張れます。

ルーカスの9ヶ月ぶり(!)ゴールの瞬間は、泣けたっす。
しかもリプレイで観たらすごいオシャレなループ。
人間力な監督さんが、「外国人FWに頼っていてはすぐ結果が~」うんぬん言ってたけど、
「ええ、うちにはステキな助っ人がいるんです!!笑顔(とダンス)まで最高なんです!」って胸張っちゃいますよ。ルー&ササのコンビもかなり良かったし、もーこれは嬉しい限り。
カジヤーマは、NHKの実況の方に、「味の素スタジアムの中盤は梶山のものです」とか言われてた。MX並に、多分東京のこと好きです、町田右さん。そのうち、「ピッチに君臨する王者」とか実況してくれるかも!!

クリ、完璧にジュビロキラーですね。
クリがいればジュビロには負けない!!気がしてきたです。
パスの「気の利いた感じ」が、大好き。

久しぶりに月曜日までニヤニヤが持続しちゃう試合でした!

前日の妄想が的中(?)して、ちょっとビックリしてますが。
明後日は横浜戦ですよー!三ツ沢行きますわよー!!

ちなみに冒頭の写真は、「うちのリラックマが味スタに参上し、ユルネバを唄う」の図。
ぬいぐるみのくせに、専用のミニミニマフラーを持っています。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-04-10 08:48 | match review

イケメン若大将の船出 第6節 VS 横浜Fマリノス △1-1

前節に。ひどいことがあって警戒ムードピリピリの日産スタジアムへ。
とっても観にくいゴール裏に席をひとまず確保して、キックオフを待つ。

なんか、もう試合全体のことよりも(せっかくスタジアムに行ってるんだけど)
ノブオさんがめちゃくちゃ走りまわってた!とか、
ノリオがちょっぴり賢いパスを出してた!とか、
終了間際、モニがオニのような顔であがってきてた!!とか、
マクロな視点で小さな喜びや進歩を発見して楽しむ!みたいになってきてますが。
そして風強くて花粉飛びまくりでめちゃんこしんどかったですが、

まっすぅのこれから弾!を目の前で見られて大満足でしたッ♪
ゴールもモチロンヨカッタ!けど、体勢低く身体を張ってシュートブロック!!に感動!!!

引き分けそうな試合を勝ってみたり、もーほとんど負け、な試合を引き分けにしたりと、
それはもうひとえにみんなの「キモチ」の表れでもあるとポジってみたり。

なので、爆心地と思われるエリアからのコールには、ショックであり、ビックリもし、哀しかったです。
まだ結果を問うには早いんではないですか?
そもそも東京はそんなに器用なチームだと思っていたのですか?
監督が変わったら劇的に強くなれるとでも??
何より、少しづつとはいえ、選手達は吸収してる。苦しんでるし、悩んでるみたいだけど、大きくなろうと努力してる、考えている。話し合ったり、考えを言い合ったりもしてるみたいだし。
悩むこと・考えること、そして話し合うことで、開花するものだって、あるはずなのです。
去年までのヒロミ流のスピードサッカーに、ガーロの戦術が加わったら、どんな風になるのか観てみたくないのですか?(去年までのスタイルが全く無くなるのではなく、「加わる」のでしょ?)

まだまだ、これから。選手を信じて。
あの子達なら絶対出来るはず、ですから!

私はいつもどおりのん気に、ワクワク気分で週末の磐田戦に備えたいと思いまっすぅ。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-04-04 12:05 | match review

負けた気がしない ナビスコ予選 VS浦和レッズ ●0-2

いえ、負け惜しみでもなんでもなく、思ったより精神的ダメージが少なかった、ということです。
2週間前の「負け」の時は、ホントになんか、「むむむ…」とか「うーん」とか、言葉にならない声しか出てこなかったけど、昨日は結構頑張ってたなーと思います。

モチロン、相変わらず「決定力」に難があることは変わってないんだけど…
でも「決定的」シーンがちょっとづつでも増えてることは、希望の光を感じました。

昨日チャンスを得たシオ、まっすうともになかなか頑張っていたと感じます。
(頑張ってればいいのか、と言う声もあるかと思いますが個人的にはとりあえずいいと思う)
まっすぅ→阿部ちゃんへの決定的なフィードも良かったし、シオもヤバイのを1本はセーブしたし。
少しづつ自信をつけて、なおかつ良くなかった所を修正しながら良くなってくれたらいいんでは?

死のAグループとか言われてるけど、ポジティブに考えれば、代表の抜ける穴(→土肥さま、モニ)に、シオやまっすぅが入って、強い相手と真剣勝負で対戦できるってのはいいことかも。
相手も代表がいないけど、強いところは「選手層の厚さ」を誇ってるわけですからね。

あとはこの連携が「浦和相手だから」できたってことでありませんよーに。
憂太の怪我が大きなものでありませんよーに。
(今ちゃんは元気になったってことで、一安心。)

ちなみに今回の相手を食べよう願掛けは、トマトジュースでした。
効果はあったのか、なかったのか…

で、もう明後日はマリノス戦なわけで…何を食べればよいのやら。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-30 18:51 | match review

この一歩からはじめよう。 VS京都パープルサンガ ○2-1

とにかく勝ててよかった…

土壇場の追加点ではあったけれど、あのまま引き分けていたのとでは全然違ったよね。
勝ち点2の差以上に、大きな意味を持つ勝利だったのでは。

トクナガ、本当にありがとう。
「最後まであきらめなかった。必ず勝つんだという強い気持ちだった」
そういう気持ちを表現してくれて、しかも結果が出たことがとってもうれしい。

昨日は個人的にはジャーンや土肥様、ノブオさん達「ベテラン」の選手が、
一生懸命走って少しでも良い形にしようと粘ってたことに感動。
(CKになるはずのボールをダッシュで捉えてスローイン、とか)
前にフミさんもどっかで言ってたと思うけど”「もうあと一歩足を出すこと」で流れが変わることがある”、そういう表現をベテランの選手達が背中でしてるなーって思いながら観てました。

(なんか、マジメだ…)

伊野波くんがめちゃくちゃ頑張ってたなぁ。
モニとの連携も深まってきたみたいだし、だんだんルーキーっぽさがいい意味でなくなってきた感じアリ。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-27 08:43 | match review

ひとまず楽しかった! VS川崎フロンターレ △2-2

よく晴れて、花粉飛びまくりの中、WBC決勝に後ろ髪ひかれつつも等々力へ。

Sゾーン(バックスタンド)で観戦。ちなみにガラガラでした。
ゴール裏とか1階席はかなりぎゅうぎゅうそうでしたね。

ドシロウトなんで、昨日の試合がHARA印なのかGARO仕様なのかはなんともよく分からなかったけれど、ひとつ言えるのは「観てて面白かった~♪」ってこと。

もうわーきゃーいいながら、楽しく観戦できたっす。
憂太の人をなめきったような(思いっきり誉めてます)コーナーキック、ノリオのゴリゴリ感、
クリのぴゅんぴゅんっぷりなどなど、得点シーン以外にも(個人的に)見どころたくさんでした。

ジャーンのヘディングシュートや、
今ちゃんゴール(オフサイドで無効)や、
信男さんの無人のゴールへシュート→決まる前からガッツポーズ!やら、
ノリオのゴリゴリ直進→シュート&ゴール(ファウルで無効)やらと、
久しぶりに「怒涛の攻め」らしきものもみられたし。

そりゃ100点とか120点の出来ではないだろうけど(もっともっと出来る選手が揃ってる)、観ていてココロが動く(→感動する)試合だったと思います。
メンタル面での立直し、という観点からすると。

京都戦が再び、楽しみになってきたぞーっと。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-22 10:17 | match review

シュートが見たい! 第3節VS清水エスパルス

むむう、やっぱりガーロサッカーが浸透するには、
も少し時間がかかりそうですね。

去年までのきゅんきゅんゴリゴリからの脱皮を図ろうとして、
苦しんでいるのかな。

負けたのも寂しいけど、シュートが少なかったのが少し気になる。バーをはるかに大きく越えていこうが、ポストに直撃しようが、相手の壁に当たろうが、形も流れも決定率さえ
どんなんでもいいからもちっとシュートが見たいです。
なんかわーきゃー言いながら、観るのが楽しいんだもん。

今ちゃんに、やや復調の気配あり。
あのガツガツした感じ、新潟では陰をひそめてたから。
いのはっちんとこに、今ちゃんてのもいいと思うんだけど…
ジャーン&モニも貫禄だったし、
阿部ちゃんのスタメンもおお!ついに!ってかんじ。
なぜか人口過密地帯につっこんでいく阿部ちゃん。
らしくて好き。

それにしても、今日は寒かった・・・
家を出るときに暖かかったので油断して膝掛けを家に置いていったら、見事に凍えました。準備不足。

さあ、火曜日は今日バレーにアタックされちゃった、川崎さんが相手です。川崎さんに勝てば2勝2敗。4引き分けより、勝ち点が2も多くなるわけです。だから何が言いたいかというと、
次勝てばいいじゃん!ってことなんです。
火曜日は等々力に乗り込みます。ちゃんと膝掛けもって。

川崎とかけて、なんと説くか…(=何を食べようか)
アイディア募集中です。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-18 21:51 | match review

鶏煮ーた効果!?  FC東京VS大分トリニータ ○2-0

今年も開幕戦を勝利で飾ることができました~♪

今ちゃん→リチェーリ→ササ!と、
今ちゃん→リチェーリ!!で、2わっしょい。二の腕にダイエット効果が?

「落ち着いて逃げ切る」っていう今までのTOKYOにはみられなかった一面もあり。
スタメンの平均年齢は22歳とちょっと!若いな~

相変わらずモニは痛がってて、「モニ痛がるな!」とかバックスタンドでは言われてた。
でも気迫の(?)顔面DFもしてたね。代表サマの威厳も出てたよー!

試合後J’SGOALに載ったインタビューでリチェーリが、
「今日のゴールはリハビリ中のナオに捧げるゴール」だって。泣かせるね。
(トーチュウサマによれば、宣言していたらしい)

今ちゃん、たった10日かそれくらい前まで別メニューだったことを忘れちゃうような頑張りよう。
ヒザのサポーターが痛々しかったけど、こちらも顔面DF。鼻は折れてないかい?

まっすう、バックスタンドではやたらと「うわー」とか「こえー」とか悲鳴があがっていたけれど、
モニも憂太も梶山も通ってきた道だよ。モニさんと土肥さんを信頼して、これからもガンバレ。
個人的には大きくなってきたな~って思った。

阿部ちゃんとか見てみたかったけど、憂太をも少し長く出して欲しかったけど。
でも、なんていうか、去年の開幕戦と違って「会心の出来」ではなさそうなトコロに、
さらなる期待がふくらみます。
まだまだ伸びるぞ、今年の東京は。


ひとつ気になったこと。

ファンブックのルーカス一問一答。
Q14 自分を動物に例えると?
A   ササ


…ササ!?!?
それは21番のマタドールのことでしょうか。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-06 08:48 | match review