2006年 08月 16日 ( 1 )

ガーロさんありがとう、倉又さん・長澤さんよろしく

とうとう監督更迭・新監督就任となりました。

最近のスタジアムの空気からしたら、もうこれしかなかった、というカンジでしょうか。
チームが空中分解する前に、ぎりぎりのところで手を打ったというか。

ガーロさんの目指す「ポゼッションサッカー」を体現できないまま監督交代というのは、
必ずしも監督だけの力不足とは言い切れない。
奇しくもヒロミが言ったような「いい選手は監督が変わってもいい選手だ」ということを
東京の才能ある選手たちは証明できないまま新しい監督になってしまうということ。

ガーロさんのもとで、まっすぅは成長したと思う。
ルーカスのトップ下起用も結果を残してるし、悪いことばっかりだったわけではない。

差し引きせずに、プラスになったところは残して、この半年を糧にしてリスタート。

体力ナシのバクスタ住人ではありますが、これから私たちにできることは
全力でサポートすることだけ。

ユルネバを歌い、選手名をコールして、拍手して。
さあ、後半戦頑張らなくては!
とりあえず9月9日の甲府戦までは全部参戦予定です。

最後に、ガーロさん、クリスチアーノさん、どうもありがとう。
倉又さん、長澤さん、國保さん、よろしくお願いします。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-08-16 00:28 | about TOKYO