負けた気がしない ナビスコ予選 VS浦和レッズ ●0-2

いえ、負け惜しみでもなんでもなく、思ったより精神的ダメージが少なかった、ということです。
2週間前の「負け」の時は、ホントになんか、「むむむ…」とか「うーん」とか、言葉にならない声しか出てこなかったけど、昨日は結構頑張ってたなーと思います。

モチロン、相変わらず「決定力」に難があることは変わってないんだけど…
でも「決定的」シーンがちょっとづつでも増えてることは、希望の光を感じました。

昨日チャンスを得たシオ、まっすうともになかなか頑張っていたと感じます。
(頑張ってればいいのか、と言う声もあるかと思いますが個人的にはとりあえずいいと思う)
まっすぅ→阿部ちゃんへの決定的なフィードも良かったし、シオもヤバイのを1本はセーブしたし。
少しづつ自信をつけて、なおかつ良くなかった所を修正しながら良くなってくれたらいいんでは?

死のAグループとか言われてるけど、ポジティブに考えれば、代表の抜ける穴(→土肥さま、モニ)に、シオやまっすぅが入って、強い相手と真剣勝負で対戦できるってのはいいことかも。
相手も代表がいないけど、強いところは「選手層の厚さ」を誇ってるわけですからね。

あとはこの連携が「浦和相手だから」できたってことでありませんよーに。
憂太の怪我が大きなものでありませんよーに。
(今ちゃんは元気になったってことで、一安心。)

ちなみに今回の相手を食べよう願掛けは、トマトジュースでした。
効果はあったのか、なかったのか…

で、もう明後日はマリノス戦なわけで…何を食べればよいのやら。
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-03-30 18:51 | match review

<< 対戦相手を食べちゃおう! 第6節 この一歩からはじめよう。 VS... >>