模倣犯 宮部みゆき

やっと文庫になったので、購入。
新潮文庫で全5巻。文庫でも、5冊もあるとやっぱりお高い。

この著者らしく、どんどん読み進められる語り口。
なのでついついナナメ読みになっちゃいそうになるのを抑制しながら読んだものの、
それでも後半4・5巻は2日とかからずに読んでしまいました。

何人も人が死ぬし、映像を想像すると結構グロいし、
主人公(「部」ごとの主役的存在)が必ずしも爽やかな人ではないのに、
何でか分からないけどすーーっとする、読後感。
やっぱりすごいなー、宮部さん。

しかし、アタマの悪い私は読んだ端から忘れていくので、
ただいま2回目読書中。
今さらながら、伏線に気付いたりして2回目なのに、面白いです。
(それは私が健忘症だから?)
[PR]

by tokyo-aho2s | 2006-02-28 17:24 | BOOK

<< 対戦相手を食べちゃおう!開幕 身体は大きくなっても指までは >>